<< さらば青春の光 | main | アンダルシアの犬 >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.03.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    蹴りたい背中

    0
      【著者】綿矢りさ
      高校に入ったばかりのにな川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中のにな川の存在が気になってゆく…いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、待望の文藝賞受賞第一作。第130回芥川賞受賞。




      一番好きな本かもしれません。最初のページを読んでからグッと心を捕まれました。それくらい最初の一文が好きです。
      ハツがやってることってなんかひねくれてるような。でもよく分かる。自分もひねくれてるから。
      自分で自分を演出している感じとか(しかも意味のない)。周りからしたら寂しいやつやったり、もはや視界にすら入っていなかったりするのに。格好つけてダルそうにしてるあの感じ。

      頭の中でずっと一人でしゃべってるから、外の世界が遠いんだ。

      学校生活のリアルな感じにいつ読んでもドキドキです。

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.03.01 Thursday
        • -
        • 01:17
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM