<< 蹴りたい背中 | main | ユキとニナ >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.03.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    アンダルシアの犬

    0
      【監督】ルイス・ブニュエル
      【脚本】サルバドール・ダリ
      シュルレアリスムの傑作と評される、実験的ショート・フィルム。アナキズムに心酔していたブニュエルによる、「映画の機能を否定した映画」。大筋で男性と女性の情のもつれを描くものの明快なストーリーはなく、冒頭の女性が剃刀で眼球を真二つにされるシーンに始まり、切断され路上に転がった右腕を杖でつつく青年、手のひらに群がる蟻など、脈略のない、だが衝撃的な謎めいたイメージ映像が断片的に描かれる。それらはブニュエルとダリが互いに出し合ったイメージ群であり、観客はそれらのイメージから、何かしらを感じ取る事を要求される。



      たった16分のサイレント映画で、なかなかショッキングな映像がいっぱい。嫌なものほど見たくなってしまう…みたいな、ひどい悪夢を見ているような気持ちになるのに、いつの間にかその圧倒的な世界観に引き込まれてしまう。不思議。


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.03.01 Thursday
        • -
        • 20:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM