<< 紀子の食卓 | main | いのちの食べかた >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.03.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    インスタント沼

    0
      【監督】三木聡
      【キャスト】麻生久美子
      非科学的なことは一切信じない、雑誌編集者の沈丁花ハナメは、担当する雑誌が廃刊になって会社を辞することになり、母親の翠は何を考えたかカッパを探して池に落ち昏睡状態になるなど、泥沼の渦中にあった。同じ池から発見された母が投函した古い一通の手紙から自分の出生の秘密を知ってしまったハナメは、行方知れずだという実の父かもしれない男・沈丁花ノブロウの居場所を探し、訪ねてゆくことにする。ノブロウは怪しげな骨董店「電球商会」を営んでおり、店にタムロするパンク青年・ガスからは「電球」と呼ばれていた。ノブロウのいい加減で身勝手な性格に呆れ果てたハナメだったが、彼らと触れ合っていくうちに骨董に興味を持ちはじめ、自ら骨董屋を開業する。なかなか商売がうまく行かずテンションの上がらないハナメに電球は「物事に行き詰まったら水道の蛇口をひねれ」という教えを伝授する。



      B級映画のような雰囲気。くすっと笑える場面もありつつ、なんかメッセージ性もあるような。なんともうまく言えない映画。でもボーッと見るにはちょうどいいのかも!肩の力抜けるし。元気にもなるし。見えてるものだけ見てちゃいけないのだなと。
      ころころ衣装が変わる麻生久美子さん素敵すぎ!好き!

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.03.01 Thursday
        • -
        • 17:18
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM